このページの本文へ移動
メニュー
メニュー
  1. トップページ >
  2. 各課案内 >
  3. 保健センター >
  4. ノロウイルスの感染予防対策について

ノロウイルスの感染予防対策について

ノロウイルスの感染予防対策

感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月の中旬頃にピークとなる傾向があります。

この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されており、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の発生動向には注意が必要となります。

県内においても、これから感染性胃腸炎の報告数が増加する時期となること、ノロウイルスを原因とした集団発生例も報告されていることから、住民のみなさま方におかれましては、下記のリンクをご参考に、手洗いの徹底や糞便・吐物の適切な処理等の感染予防や、ノロウイルス等による食中毒の発生防止に適切な対策をおとりくださるよう、お願いします。
 

国立感染症研究所ホームページ 

ノロウイルス等検出状況 2016/17シーズン 
 

 

厚生労働省ホームページ

 ノロウイルスに関するQ&A(最終改定:平成28 年11 月18 日)

 

このページのお問い合わせ先
保健センター
電話番号:0279-68-5021
メールアドレス:hoken-c@town.higashiagatsuma.gunma.jp