このページの本文へ移動
メニュー
メニュー
  1. トップページ >
  2. お知らせ >
  3. 放射能情報 >
  4. 汚水処理場の汚泥中の放射性物質について
  1. トップページ >
  2. 各課案内 >
  3. 上下水道課 >
  4. 下水道係 >
  5. 汚水処理場の汚泥中の放射性物質について

農業集落排水各処理場の汚泥肥料中の放射能濃度について

汚泥肥料の放射能濃度検査について

農業集落排水の汚泥を脱水、乾燥させて生産される汚泥肥料について、放射能検査を行っています。国の基準では原料汚泥中の放射性セシウム濃度が200 ベクレル/kg以下の場合については、汚泥肥料の原料として使用できるとされています。
東吾妻町では濃縮後の乾燥汚泥(汚泥肥料)を年4回(4・7・10・1月)に検査し結果を公表しております。

汚泥肥料の配布について

乾燥汚泥の放射性セシウム濃度が200ベクレル/kg以下となっていることから、令和3年から汚泥肥料の配布を再開しております。
配布を希望される方は事前に上下水道課にご連絡ください。

◎令和3年10月検査結果に関しては下記のファイルをご覧下さい。

令和2年度以前の検査結果につきましては下記のファイルをご覧ください。
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
上下水道課
電話番号:0279-68-2111
メールアドレス:jougesui@town.higashiagatsuma.gunma.jp