このページの本文へ移動
  1. トップページ >
  2. もしもの時 >
  3. 水道 >
  4. 排水設備使用上の注意
  1. トップページ >
  2. 各課案内 >
  3. 上下水道課 >
  4. 下水道係 >
  5. 排水設備使用上の注意

排水設備使用上の注意

●下水道・農業集落排水・浄化槽の使用上の注意

 汚水の処理は、管路・マンホール・ポンプ・処理施設など、いろいろな施設がそれぞれの機能
 を十分発揮してきれいな水にしていきます、その機能を妨げないようやさしく使ってください。

 ・調理くず・石・木・プラスチックや生理用品・新聞紙等の固形物や水に溶けないものは流さない。
 ・油、オイルや農薬、劇薬等の油脂類や薬品類は流さない。

 ○台所では
 ・調理くず、食べ残しは流さない。
   配管のつまりの原因になります。また、処理場や浄化槽に大きな負担がかかります。
   目の細かい三角コーナーや袋などで受け止めて、土に還元して肥料にするか生ゴミ
   として出しましょう。また、ディスポーザー(生ゴミ粉砕機)は使わないでください。
 ・油の使い古しは流さない。
   使い古しの油は流さないでください。配管にこびりついて、つまりの原因になります。
   油料理の後は、紙で拭き取ってから洗いましょう。
 ・洗剤の使用は適量に。
     洗剤は洗い物にたいして適切な量で、使い過ぎないようにしましょう。

  ○お風呂では
 ・排水口の髪の毛等はこまめに取り除きましょう。
   排水口のアミにたまった髪の毛等は、流さずにこまめに取り除きましょう。
 ・入浴剤は適量を。
   入浴剤はなるべく使わないで、使うときは水量にあわせ適量にしましょう。
 ・掃除用の洗剤も適量を。
   薬品系の洗剤は避けて、使い過ぎないよう適量にしましょう。

  ○トイレでは
 ・トイレットペーパー以外の異物は流さない。
   生理用品や紙おむつ等、水に溶けない紙やものは流さないようにしましょう。
   配管が詰まったり、ポンプの故障原因になります。
 ・掃除用は、なるべくぬるま湯で、洗剤を使う時は適量を。
   水を浄化している微生物が死ぬと水をきれいにできなくなってしまうので、薬品系の洗剤、
   殺虫剤、消毒液は避けて、なるべくぬるま湯で、洗剤を使うときも使いすぎないよう適量
   にしましょう。
 ・流す水も適量を。
   節水も大切ですが、トイレで流す水は適切な量が必要です、極端に少ない量にしないで
   流してください。

  ○洗濯機では
 ・洗剤は適量を。
   洗濯物の量にあわせて洗剤の量も使い過ぎないよう適量にしましょう。また、できるだけ
   石鹸や無リン洗剤を使うようにしましょう。

  ○洗面・手洗い所では
 ・排水口に網等をつけましょう。
   固形物や髪の毛が流れないよう、排水口に網等つけてこまめに掃除しましょう。

このページのお問い合わせ先
上下水道課
電話番号:0279-76-4010
メールアドレス:jougesui@town.higashiagatsuma.gunma.jp